大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」に至るまでの、記録と変遷のブログ。

冬至を前に、季節のめぐりを想うこと

気づけば、もう明日が冬至

 

冬の寒さはまだまだこれからが本番だが、

明日を境に昼間の長さは少しずつ少しずつ伸びていく。

 

一年で最も昼間が短い日が、一年で最も寒い日にならなくて、

一年で最も昼間が長い日が、一年で最も暑い日にならないのは、
 

ほんとうに象徴的だ。

 

ものごとは、内面から変わっていく。

 

それこそ、

雪解けの水のひとしずくが積み重なって、

花開き蝶が歌う春が訪れるように、少しずつ、少しずつ。

 

それこそ、

大きな大きな豪華客船の舵をほんの少しだけ切ると、

時間が経つごとにその航路に開きが出るように、

少しずつ、少しずつ。

 

大切なのは、

自分の心の中に備わったコンパスが指し示す方角がどちらか、

いつも見つめ続けること。

 

 

北方謙三さんの歴史小説が好きなのだが、その中で好きな表現がある。

 

「秋」と書いて「とき」と読む、表現。
 

誰にでも、「秋(とき)」がある。

麦秋とよばれる、実りの秋。

 

先日、ある方とお話ししていた際に、

秋の次に冬が訪れるのは、象徴的だというお話しになった。

 

実りの「秋(とき)」が訪れたら、

凍てつくような冬の寒さがやってくる。

 

そして生きとし生けるものがその生を謳歌する春が訪れ、

燃え盛る炎のような太陽の見える夏がやってきて、

やがて「秋(とき)」に戻っていく。

 

けれど、冬のほんとうの寒さの前に、 

冬至はやってきていて、

少しずつ少しずつ、日の長さは伸びていく。

 

ごくごく当たり前のことなのだが、

よくよく考えると、

季節のめぐりは驚きと示唆に満ちている。

 

その移ろいを見つめながら、

心の中にあるコンパスを見つめ続けよう。

 

f:id:kappou_oosaki:20181221172101j:plain

 

_______________

フォロー頂けると喜びます!

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

_______________