大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」に至るまでの、記録と変遷のブログ。

「靴磨き」は自分を大切にする習慣だと気づいた件

靴磨き。

 

外から帰ってきたときに、サッとブラシをかけて、クリームの付いた磨き布で靴を軽く拭く。

 

時間のあるときには、擦れたりしたところに靴墨を塗る。

 

朝、靴を履いたときの何とも言えない充足感が心地よい。

 

今まで気が向いたら磨く、くらいしかしていなかったけれど、とても自己肯定感の上がる習慣だと思うので、続けてみようと思う。

 

 

凝り性なのか、セールストークに弱いのか、初めて革靴を買ったときにメンテナンスの道具を一緒に買った。

 

ふと気になると履いている靴にクリームを塗って、靴墨を塗って・・・という作業をすることはあったが、なかなか定期的に習慣化するまでは至っていなかった。

 

それが先日靴箱の掃除をしていたところ、その「靴磨きセット」を見つけて、久しぶりに磨いてみた。

 

すると、翌日家を出るときに、靴を履いたときの感じが、いつもと違って心地よかった。

 

磨いた靴が朝の陽射しに映えるのを見るのも楽しい。

 

「大切にされたもの」を身に着ける、という感覚。

 

それは、「自分を大切にする」ためにとても有効な一つの方法なのだろう。

 

 

「何か」に没頭しているとき、人は「いま」に生きている。

 

靴磨きもそうだし、
ランニングやスポーツしかり、
秋の夜長の読書、
あるいは瞑想やヨガも同じことだろうし、
田植え体験もそうだったし、
私にとっては書くこともそうなのだろう。

 

没頭しているときには、過去の後悔も、未来への不安もない。

 

それらをしているときは、ただただ

 

目の前の靴を磨くことに、
息を切らせながら走ることに、
続きが早く読みたくて活字を追うことに、
目を閉じて座ることに、
等間隔に苗を植えることに、
ひたすらに自分を見つめることに、

 

集中している。

 

習慣が人生をつくる、と言われるが、そんな時間を一日の中で持てる習慣を増やしていこうと思う。

 

その習慣の積み重ねこそが、「自分を大切にする」ということなのだろう。