大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」に至るまでの、記録と変遷のブログ。

季節がめぐる、という癒しについて

人の思考というものは、気候に大きく影響される。

 

日照時間が少なくどんよりとした気候が多いところで、

楽天的で単純明快な思考にはならないだろうし、

 

年中サングラスをかけたような太陽が顔を見せる地域で、

陰鬱な哲学は発達しないだろう。

 

いっぽうで、四季がない亜熱帯のような地域に住んでいる人の話で、

 

年がら年じゅう同じような気候なので、

記憶がいつのものか分からなくなる、

 

ということを聞いた。

 

そういえばあの記憶は、何月の出来事だったのか・・・という具合に。

 

霞がかった空、桜の淡い色、埃っぽい東風、

薫る風、新芽の力強さ、

蝉の声、焼けるような陽射し、

鈴虫の音、ススキの匂い、

にぎやかな月、透き通った空の色、

凍てつく空気の触感、かじかむ耳の痛み、

鍋の煮える音、寂しい夕暮れ、

 

どの言葉にも、その風景を補完する記憶が浮かんでくる。

 

人の記憶や思考は、気候や四季と深く結びついている。

 

f:id:kappou_oosaki:20181018203644j:plain

 

 

日に日に秋が深まっている。

 

朝日の昇る方角が少しずつ冬の位置に近づいてきているし、

少しずつ木々の葉も色づき始め、

錦秋という言葉がよく似合う季節が近づく。


朝、家を出るとひんやりとした空気が肌を覆うのが気持ちよく、

なかなか半袖から衣替えできずにいる。


見上げれば、秋らしく透き通った青空と何かが通ったような一本線。

 

f:id:kappou_oosaki:20181018203520j:plain


足元には、土色の蛙が跳ねていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20181018203527j:plain

 

冬ごもりの準備は進んでいるのだろうか。

 

日に日に気温が上がっていく「小満」の節気は、

よくも悪くも急き立てられるような感覚を覚えることがある。

 

けれど、この秋の深まりというのは、

湯を沸かした薬缶が時間とともに冷めていくように、自然で心地よい。

 


少しずつ、それでいて確実に閉じていく世界。

 

夏から秋へ。秋から冬は。昼から夜へ。

 

動から静へ。陽から陰へ。

 

生から死へ。

 

一歩ずつ、一歩ずつ季節の螺旋はめぐっていく。

 

その螺旋に、人は一つずつ記憶を刻んでいくのだろう。

 

今日も、季節はめぐる。

 

戻らないように見えるそれは、

大きな癒しのようにも見える。

 

f:id:kappou_oosaki:20181018203750j:plain

 

私のSNSはこちらから。

フォロー頂けると喜びます。

Instagram → https://instagram.com/naoto_oosaki/

Facebook → https://www.facebook.com/naoto.oosaki.5/

twitter → https://twitter.com/naoto_oosaki

レターポット  → https://letterpot.otogimachi.jp/users/13409