大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」に至るまでの、記録と変遷のブログ。

「何もしない静寂の時間」を自分に与える恩恵について

思考がとっ散らかってしまっているとき。

 

何かが気になって、取るものが手につかないとき。

 

これからどうしたらいいか、迷いを感じるとき。

 

何かに葛藤しているとき。

 

お察しの通り、それはここ最近の私ではあるのだが、人にはそんな時期がある。

 

そんなとき、人は自分の外部に答えを求めようとする。

 

今まで見ていなかった情報が気になったり、あるいは今まで大事にしてきた本を読み返してみたり、それとも人に相談してみたり。

 

それも大切なことだし、それをもとに行動することはもっと大切なことだ。

 

現実世界は、行動することでしか変わらないから。

 

何かをやってみたり、何かを学んだり習ったりしてみたり、あるいは誰かに会いに行ってみたり。

 

まずは、行動ありき。

 

けれども、正確に言うのならば「行動すること」よりも「何を行動するか」が大切なのだと思う。

 

その行動は、自分の現在地と目的地が明確であるほど、自ずと決まってくる。

 

自分がいまどこにいるのか。

そして、自分はどこに行きたいのか。

 

悩んだり、葛藤したり、思考がとっ散らかってしまうとき。

 

それは、今まで大切にしてきた価値観が、新しい価値観によって揺らいでいるときだ。

 

それによって、現在地と目的地の見直しを迫られているとき、人は葛藤する。

 

思っていたよりも、いま違う場所にいるみたいだ。

 

あれ、いままであのオアシスに行こうとしていたけれど、実はそんなに喉も乾いてないし、別に行きたくないな・・・それよりこの地図に書いてある街に行きたいのかな・・・

 

というように。

 

それは、日々毎日変わっていく。

 

身体の細胞を構成するアミノ酸が3ヶ月でそっくり入れ替わってしまうように、何も変わっていないように見えて、私たちは毎日変化している。

 

「何かを行動すること」と同じくらいに大切なのは、「何もしない時間をもつこと」のように思える。

 

1日の中でたった5分でいいので、静寂の時間を持つこと。

 

ただ座って目を閉じる瞑想の時間。

 

あるいは、中秋の名月をただ眺める時間。 

 

f:id:kappou_oosaki:20180925052145j:plain

 

そんな時間を自分に与えることは、自分を大切にすることの最たるものであるし、自分を愛するということに他ならない。

 

決して、「何もしなくていい」ということではない。

 

現実を変えるのは行動であり、何かが定まってから行動するよりも、一歩踏み出しながら修正することの方が大切だから。

 

それでも、その行動を支える「自己確信」ともいうべき「自分の現在地と目的地」は、日々の静寂の時間の中でこそクリアになる。

 

1日の中で5分でもいいので、何もしない静寂の時間を持つこと。

 

それは地味で、すぐに成果の見えない時間かもしれない。

 

けれども、どの問いの答えも必ず自分はすでに知っているのだ。

 

何もしない静寂の時間は、あるとき静かな気づきをもたらしてくれる。

 

自分にふさわしい行動を気づかせてくれる。

 

今日も、ただ座って目を閉じてみよう。