大嵜 直人のブログ

人との別離で傷ついたココロは、人との出会いで癒される。私の辿ったそんな体験を、言葉にしてみたいのです。

私にとって書くこととは、何だろう。

人生のクスブリのどん詰まりの時期に、ネットの海で見つけたブログの言葉に救われた。

 

少しずつ自分を取り戻していく中で、実は書くことが好きだったということに気づき、このブログを書き始めた。

 

それから1年と少し、毎日書いてきた。

 

やはりアウトプットの恩恵は大きいようで、日々書き続ける中でいろんなことに気づくようになったし、知り得た知識を定着できたように思う。

 

それだけに、ここのところ、

 

私にとって書くことととは何だろう?

 

という問いが芽生えてきた。

 

私は書くことで何を伝えたいのだろう?

 

その伝えたい大切なものは、何だろう?

 

それを、誰に伝えたいのだろう?

 

1年経って、最も根本となる問いに戻ってきたような気がする。

 

ようやくそこか、という気もするが、人の成長は螺旋階段のようなものだ。

 

同じような問いに見えても、一年前とは違って、一段上のところからの問いになっているはずだ。

 

「書くこと」は楽しい。

 

けれど、それはツールだ。

 

「書くこと」で何を伝えたくて、誰に伝えたいのか。

 

それを、もう一度問いかける時期のようだ。

 

それは、私の人生で何が大切なのか?私の人生のテーマ、主題は何か?という根源的な問いでもある。

 

その答えは、おそらく何でもいい。

 

自分が決めることだ。

 

そして、自分の外側に答えはない。

 

もう一度、自分の内面と向き合う時期のようだ。

 

私にとって、何が大切なのか?

 

どうして、それが大切なのか?

 

何を伝えたいのか?

 

私は、この生において、何を成し遂げたいのか?