大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」に至るまでの、記録と変遷のブログ。

漫画「陰陽師」に寄せて ~晴明も、博雅も、白比丘尼も、道真も、すべて私。

遅ればせながら、漫画「陰陽師」を読んでおります。

 

f:id:kappou_oosaki:20180908192908j:plain

 

友人に勧められて読み始めたのですが、その雅で幽玄な世界観にどっぷりとハマってしまいました。

 

いま4巻まで進みましたが、この後が楽しみで仕方がありません。

 

そして原作の小説、映画まであると聞いて、ワクワクしております。

 

================

 

ここのところビジネス書や実用書を読むことが多く、なかなか世界観が作り込まれた小説や漫画や映画、舞台といった「物語」に触れていませんでした。

 

久しぶりに素晴らしい「物語」に触れて思うのは、そこで心を動かされることは、すべて私自身のなかの一部が反応していると感じました。

 

これまでいろんな「物語」に触れてきましたが、また新しい視点で「物語」を楽しむことができるようになったように思います。

 

ここのところ、「投影」と「シャドウ」についての記事を書きました。

 

kappou-oosaki.hatenablog.jp

 

kappou-oosaki.hatenablog.jp

 

目に映るものは、すべて自分の内面を映し出したもの。

 

美しいと感じる花が目に映るのならば、その花を美しいと感じる美しい内面がある。

 

あの人は本当に人を惹きつける魅力があるとすると、その魅力は必ず自分の中に存在している。

 

才能や魅力もそうなのですが、反対に自分が嫌ってたり、イヤだったり、苦手だったりすることも同じ。

 

それは、知らずに抑えつけてきた「シャドウ」と呼ばれる自分の影の部分なのかもしれません。

 

陰陽師」を読んでいると、作中に出てくる心動かされる登場人物は、すべて私の内面を映し出しているように感じるのです。

 

その名の通り陰陽を司る阿倍晴明も、

類まれな管弦の才を持ちながらそれを自覚していない源博雅も、

無限の身体で有限なるものに想いを寄せる切ない白比丘尼も、

怨霊となった菅原道真も、

 

すべて私の中にある大切な何かのように思うのです。

 

それを見るために、人は「物語」を欲するのかもしれません。

 

なかなかこの幽玄な世界を言葉にするのは難しそうですが、一通り読み終わりましたら、具体的な内容についてのレビューをまた書きたいと思います。

 

今まで触れることのなかった名作を知ることができて、嬉しく思います。

 

===============

 

さて、昨日は二十四節気のなかの「白露」でした。

 

日中の残暑はまだ厳しいですが、夏から秋へ本格的に交代する時期。

 

草木に降り露が白濁したように見えることを、秋の目印にしたことからその節気の名の由来があるそうです。

 

千年以上前の平安京で、晴明と博雅は白濁した露に秋を見たのでしょうか。

 

そんなことを妄想できるのも、優れた「物語」に触れることの恩恵かもしれません。

 

どうぞ、今日も佳き日をお過ごしください。

 

 

私のSNSはこちらから。

フォロー頂けると喜びます。

Instagram → https://instagram.com/naoto_oosaki/

Facebook → https://www.facebook.com/naoto.oosaki.5/

twitter → https://twitter.com/naoto_oosaki

レターポット  → https://letterpot.otogimachi.jp/users/13409