大嵜 直人のブログ

人との別離で傷ついたココロは、人との出会いで癒される。私の辿ったそんな体験を、言葉にしてみたいのです。

51対49でいい ~完璧主義とうまくお付き合いするには

いらっしゃいませ、「言の葉割烹おおさき」へようこそお越しくださいました。

店主のおおさきです。

 

今日は、私も結構そのケがある「完璧主義」とうまくお付き合いする、ということについて。

 

================

 

私たちがよく陥る心理的な傾向に、「完璧主義」があります。

文字通り「何か欠けていてはいけない」と思うことであり、それは「自分は何かが足りない存在だ」という欠乏感がもたらすものだといわれます。

 

いつも綴らせて頂いている通り、もちろんどんな主義でも感情でも正誤善悪があるわけではなく、ただ本人にとって必要だから選んでいるわけです。

それを自覚しているのか、無自覚なのかは別にして、ですね。

 

芸術家肌やアーティストの資質を持つ方にとっては、「完璧主義」が才能の一部になることが多いでしょう。

アートや作品のクオリティを、圧倒的に引き上げることができるわけですから。

 

けれど、そうした「完璧主義」が重荷になってしまうこともあります。

 

何かをしようとしたときに、すべてが完全に変わらないといけない、という「完璧主義」は、息苦しく感じます。

 

たとえば、「自分を否定せずに、自分が自分の味方でいることが大切」といったメッセージや、「親を感情的に理解し、許すことが人生の鍵」という金言を聞いたときに、「絶対に100%そうしないといけないんだ」と思ってしまうような心理状態です。

 

私もそうした経験があるのですが「絶対にそうしないといけない」と思った時点で、すでに苦しいわけです。

まして天気のように移り変わる、自分の心の内面の中で。

 

自分を肯定するということにしても、自分が100%自分を許して肯定できることは理想ですが、現実的には「今日は割と自分を許せてるな」「なんかすげえ大きな失敗しちゃって、自己否定したくなっちゃった」「私は何をしても許されてると感じる無敵状態」というような状態が、それこそ日々毎時間、一瞬一瞬移り変わっていくのが人だと思うのです。

 

そこで仮に否定が入ったとしても、「ああ、また否定してしまた、許せなかった」と思わなくていいと思うのです。

 

それこそ、100あるうちの51を肯定して許せていれば、万々歳だと思います。

49の否定があっても、それでいいんだと思います。

 

51と49。

 

その2つの差が、必ず徐々に徐々に積み重なっていきます。

それは、雪解けの一滴一滴のしたたる水が徐々に徐々に積み重なって、春という大きな変化を迎えるように。

 

自己肯定と自己否定にしても、

 

あるいはコミットメントと諦めにしても、

 

あるいは手放しと執着にしても、

 

はたまた許しと怒りについても、

 

51対49で十分なのです。

 

100ぜんぶを目指さなくていい。

100を目指そうとするから、辛くなるときがある。

 

半分近くは、できなくていい。

揺り戻しがあっていい。

 

 

それでも、もしも、

もしも51くらいはやれたと自分が思えたら。

 

もうそれはそれは、素晴らしいことだと思うのです。

 

そんなときは、ぜひ祝杯を挙げましょう。

 

f:id:kappou_oosaki:20180804221310j:plain

 

51対49でいい。

 

そんな考え方が少しでも持てると、「完璧主義」とうまくお付き合いできるのかもしれません。

 

================

 

今日もお越し頂きまして、ありがとうございました。

暑い日が続きますので、どうぞご自愛ください。