【言の葉割烹おおさき】へようこそ

人との別離で傷ついたココロは、人との出会いで癒される。私の辿ったそんな体験を、言葉にしてみたいのです。

名前を知ること、世界を知ること、自分を愛すること

朝の梅雨空の下、道すがら。

紫色の小さな花が揺れていました。

 

f:id:kappou_oosaki:20180621192754j:plain


ぽつぽつと降り出した雨に、その花びらは雫をたたえていました。

雫は丸い鏡のように、小さな世界を映し出していました。

 

f:id:kappou_oosaki:20180621192800j:plain


この花の名前は何だろう。

6月に咲く花を検索してみる。

 

アガパンサス。Agapanthus。


語源は、ギリシャ語の「agapa(愛らしい)」と「anthos(花)」を組み合わせ
た名前だそうだ。

 

別名、紫君子蘭

または、アフリカンリリー(African lily)

6月29日の誕生花で、花言葉は「知的な装い」。

 

初めて目にする知識に、また世界は豊かになる。
少しずつ季節の草花の名前を覚えてみようか、と思う。
 


 アガパンサス

 

そう呼びかけると、心なしかその花は頭を垂れたような気がした。

 

名前とは不思議だ。

草花の名前もそうだが、自分の名前もまた不思議だ。

 

誰しもが、生まれたとき、物心ついたときにはすでに自分の名前を持っている。

エゴや我が全く介入しない領域。


「問題」と同じで、その人の人生の「設定」。
それは、その人「そのもの」。

 

そこには、たくさんの愛された記憶が宿っている。
きっと大きな喜びのなかで、その名前は付けられた。


名前を知ることは、世界を知ること。

それは、きっと自分を愛すること。

 

==================

 

今日もお越し頂きまして、ありがとうございました。

よろしければ、ずっと以前に綴らせて頂きました、こんな記事とあわせてどうぞ。

kappou-oosaki.hatenablog.jp

 

f:id:kappou_oosaki:20180621192741j:plain

 

「言の葉割烹おおさき」店主のSNSはこちらから。

フォロー頂けると喜びます。

Instagram → https://instagram.com/naoto_oosaki/

Facebook → https://www.facebook.com/naoto.oosaki.5/

twitter → https://twitter.com/naoto_oosaki

レターポット  → https://letterpot.otogimachi.jp/users/13409