大嵜 直人のブログ

人との別離で傷ついたココロは、人との出会いで癒される。私の辿ったそんな体験を、言葉にしてみたいのです。

雨に煙る空に、あの琵琶湖のほとりのブルーベリーを想うこと

芒種を過ぎ各地から梅雨入りの報が届き始めると、いよいよ気温も上がり夏が近づいて来るのを実感する。

 

暑い夏がやってくる。

 

夏生まれだからだろうか、やはり四季の中で夏が来ると心が躍る。

 

その反面、お盆を過ぎた後にヒグラシやツクツクボウシの声を聴くと、寂しさとセンチメンタルで胸が一杯になるのだが。

 

その暑い夏の前の梅雨時、降りしきる雨の音に耳を澄ませていると、ふと遠く離れたブルーベリーの実に想いを馳せたくなる。

 

琵琶湖を見下ろす美しき農園。

 

f:id:kappou_oosaki:20171212125608j:plain


その絶景は、今日の雨に煙っているのだろうか。

 

あのテラスのハーブたちは、降りしきる雨にその葉を揺らしているのだろうか。

 

パン工房から流れる焼きたての香りは、雨に燻る草の香りと入り混じっているのだろうか。

 

そして、この時期に結実しだすというあの丸々と大きなブルーベリーの実は、今日の雨の中でどんな表情をしているのだろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20180606010716j:plain

 

ぼんやりと、私の心はあのテラス席へと飛んでいた。

 

f:id:kappou_oosaki:20180606221039j:plain

 

人を癒し、人と人をつなぐブルーベリー。

 

f:id:kappou_oosaki:20171212082154j:plain

 

ぷちんと弾けて余韻に微かな酸味を残す、あの大きな実。

 

f:id:kappou_oosaki:20180606012146j:plain

 

 

あのフレッシュジュースの、豊かな味わい。


心を溶かすような、あのジャムの甘さ。

 

一口ごとに身体が浄化されるような、あの料理の味わい。

 

f:id:kappou_oosaki:20180606012158j:plain

 

人の脳は現実と空想を区別しないというが、その通りだと思う。

しばし目を閉じてあの豊かな時間と空間を夢想していると、それだけで満たされた気分になる。

 

f:id:kappou_oosaki:20171212124204j:plain

 

空想もいいけれど現実もいいよね、と思いながら私はブルーベリージャムの蓋を開ける。

 

f:id:kappou_oosaki:20171212124524j:plain

 

空想とは違った、現実の圧倒的な香りと甘みに、また私は癒される。

 

また、あの豊かな記憶の場所に行こう。

汗を拭いながら、あの坂を登ろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20171212123921j:plain

 

そう、ブルーベリーフィールズ紀伊国屋さんへと続く、あの坂を。

 

f:id:kappou_oosaki:20171212123907j:plain