大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」に至るまでの、記録と変遷のブログ。

男にとって「泣ける」時間は大切だ ~MARTIN HURKENS "You Raise Me Up"に寄せて

いらっしゃいませ、「言の葉割烹おおさき」へようこそお越しくださいました。

店主のおおさきです。

 

昨日に引き続き、沁みる音楽についてのつれづれを。

 

「You Raise Me Up」を、オランダのMARTIN HURKENSさんという方がカバーされたこちらの動画から。

 

www.youtube.com

 

「You Raise Me Up」自体は、多くの人が耳にしたことがあると思われる有名な曲ですが、Wiki先生に聞いてみたらアイルランドノルウェーのSecret Gardenというミュージシャンが2002年にリリースしたアルバムに収録されていた方の曲だそうです。

 

この動画はそれをオランダのMARTIN HURKENSという方がカバーされておられますが、このHURKENSさんは調べてもなかなかヒットせず、かろうじてQ&Aの掲示板で「オランダのタレント発掘番組に出ていた」との情報がありました。

真偽のほどはわかりませぬが。

 

しかし、この動画は沁みます。

家族が寝静まった後、晩酌でいい気分になったときに一人イヤホンで小さめの音量で目を閉じて聞いていると、涙が浮かびます。

 

私は自宅ではもっぱら日本酒か焼酎専門なのですが、ちょっとこの曲にあわせる洋酒を飲みたくなります。

 

=================

 

さて、こうして「泣ける」というのは私含めた男性にとって大事な時間のような気がします。

 

いまではだいぶ緩くはなりましたが、社会的に男性は強くなくてはならない、泣き言を言ってはならない、泣いてはならない、といった観念や常識が強いのですが、「泣く」という行為自体は浄化の一種ですので、適度にそれをしていないとどこかで滞ってしまうように思います。

 

男性的な部分があまりに前面に出過ぎるというか・・・

 

小説やドラマ、映画などで感情移入をして涙することが必要なのは、実は女性よりも感受性の鈍い男性なのではないかと思っているのですが、どうなんでしょう。

 

===============

 

さて、本題の動画ですが、もう初手のオープニングのたたずまいからズルいです。

 

最初のワンフレーズがもう何より素晴らしい。

 

そしてAサビが終わった後の2:10くらいのところ。

あの二人は本当にズルい。

 

そしてBサビに向かうにつれて、最初の頃に怪訝な表情をしていた観衆の表情のやさしいこと、やさしいこと。

 

思わずもう一度最初から二度見してしまいます。

個人的に大好きなのは、黒髪短髪の女性の方の表情の移り変わり。

あぁ、癒されると人の表情ってこんなにも変わるんだな、と感心させられます。

 

やっぱり、音楽っていいですね。

 

 

今日もお越し頂きまして、ありがとうございました。

いよいよ新緑の季節、シャコが美味しい季節になりました。

爪の部分を割って身を出して、日本酒をちびちびやるのが楽しい季節です。

 

どうぞ、ごゆっくりお過ごしください。

 

f:id:kappou_oosaki:20180429205414j:plain

 

「言の葉割烹おおさき」店主の

インスタはこちら

https://instagram.com/naoto_oosaki/

Facebookはこちら

https://www.facebook.com/naoto.oosaki.5/

レターポットはこちら

https://letterpot.otogimachi.jp/users/13409