大嵜 直人のブログ

人との別離で傷ついたココロは、人との出会いで癒される。私の辿ったそんな体験を、言葉にしてみたいのです。

鮮やかなコントラストのゴール板 ~2012年天皇賞・春に寄せて

ある一方にとっての光は、もう片方にとっては影となる。

 

陰と陽、昼と夜、太陽と月、男と女、生と死、栄光と蹉跌。

正負が同じところに一緒に在るのは、この世の常であり、理でもある。

 

ときにサラブレッドの走りは、そんな鮮やかなコントラストを見せつけてくれる。

 

================

 

時に西暦2012年。

この年の天皇賞・春は、人によって二通りに記憶される。

 

あの馬が勝ったレース、

か、

あの馬が負けたレース、

か。

 

圧倒的な1番人気は、前年の4冠馬・オルフェーヴル

 

エネルギーを持て余すヤンチャな悪ガキが、ひょんなことでグローブを握ってサンドバックを叩いてみたら、あれよあれよという間に日本チャンピオンになってしまった。

オルフェーヴルの2011年は、そんなサクセスストーリーを見ているかのようだった。

 

デビュー戦の直線で内へ切れ込み、さらにゴール後に池添騎手を振り落したりと、暴れん坊ぶりを見せながらも、徐々に折り合いを覚える中で強烈な末脚に磨きをかけていった。

 

皐月賞を4番人気で制すると、不良馬場の日本ダービーを1番人気で圧勝。さらには秋に三冠のかかった菊花賞も圧勝。

菊花賞のゴール後に暴れて池添騎手をまた振り落す気の悪さはご愛嬌で、年末の有馬記念までをぶち抜いて年度代表馬の栄誉に浴した。

 

迎えた2012年の初戦・阪神大賞典では、終始折り合いがつかず口を割って走る苦しい展開。

すると2週目の3コーナーでコースを逸走しはじめ、一度走るのを止めてしまい先頭から最後方までずるずると後退。

 

故障か。

 

誰もが最悪のケースを想定した瞬間、オルフェーヴルは内に他の競走馬が走っているのを目にすると、猛然と最後方から再度加速し始める。

 

4コーナーではもう先団に取り付き、猛追。

結局はギュスターヴクライの2着に突っ込む、前代未聞の破天荒なレースぶり。

 

ヤンチャな悪ガキは、稀代の暴君として君臨しはじめていた。

 

この阪神大賞典のハチャメチャなレースぶりが話題となり、オルフェーヴルは次走の天皇賞・春ではさらに人気を集める。

 

気を悪くしてとんでもないことをしない限り、競走馬としての走る能力はもう疑いようもない。

あとは、気分よく走ることができるかどうか。

 

そんなファンの期待と不安と「怖いもの見たさ」がないまぜになった結果、彼の単勝オッズを1.3倍という圧倒的な人気になって、発走の時刻を迎える。

 

www.youtube.com

 

ビートブラック

この天皇賞出走前の時点で、27戦5勝。

重賞勝ち、なし。

 

デビューから8戦はダートの短距離を使われ、騎乗した騎手はのべ11人。

その父・ミスキャストは母が名マイラーノースフライトという良血を買われて種牡馬入りしたものの、重賞勝ちする産駒はなし。

 

3走前、日経新春杯、4着。

2走前、ダイヤモンドステークス、6着。

そして前走、阪神大賞典では勝ち馬とオルフェーヴルからは24馬身離された10着。

 

競馬に絶対はないとはよく言われるが、とてもオルフェーヴルと比べるべくもないビートブラックの戦績。

 

単勝人気は、下から数えて5番目だった。

 

しかし、それだけに騎手・石橋脩は肚をくくっていた。

 

出だしからゴールデンハインドが先頭を走る中、2番手を追走。

他の有力馬が後方で折り合いに専念するオルフェーヴルを警戒して動けない中、残り1,000mの標識で、石橋は仕掛ける。

 

ゆっくり登り、ゆっくり降りる、

がセオリーの淀の3コーナーを、その前からギアを踏んだ。

淡々としたペースの中、残り二つのカーブと最後の直線に向けて、もうひと息ふた息も入れたいところを、石橋はビートブラックにGOサインを出した。

 

ゴールデンハインドを交わし、一気に先頭へ。

 

「バテたら謝るしかないと思っていた」

石橋がレース後のインタビューで語ったとおり、肚をくくった人間は強い。

 

直線を向いたとき、まだ後方でもがいていた暴君・オルフェーヴルがどれだけ強烈な末脚をもっていたとしても、追いつくことは不可能なほどにビートブラックとの距離は開いていた。

 

歓声が悲鳴と変わり、怒号となり、そしてゴール板を過ぎて静まり返る京都競馬場

見てはいけないものを見てしまったかのような、そんな静寂。

 

派手なガッツポーズを決める石橋。

デビュー10年目にしてG1初制覇の瞬間だった。

 

テレビゲームの「ダビスタ」にハマって騎手を志したという真面目な男が、残り1,000m地点で見せた覚悟のスパート。

 

史上最大の大波乱の払い戻しは、単勝15,960円・馬連61,570円・3連単1,452,520円と炸裂した。

いずれも天皇賞・春の史上最高配当であった。

 

=================

 

オルフェーヴル・池添が負けた、レース。

ビートブラック・石橋が勝った、レース。

 

その鮮やかな陰と陽のコントラストが見られたのが、2012年天皇賞・春というレースだった。

 

そしてそれを際立てたのは、石橋騎手が見せた一世一代の覚悟だった。

人も馬も、肚をくくった奴は強い。

 

==================

 

第157回、天皇賞・春。京都・芝3,200m。

本日15時40分発走。

勝ちたかったら、前に行け。

 

f:id:kappou_oosaki:20180429000807j:plain

 

「言の葉割烹おおさき」店主の

インスタはこちら

https://instagram.com/naoto_oosaki/

Facebookはこちら

https://www.facebook.com/naoto.oosaki.5/

レターポットはこちら

https://letterpot.otogimachi.jp/users/13409