大嵜 直人のブログ

人との別離で傷ついたココロは、人との出会いで癒される。私の辿ったそんな体験を、言葉にしてみたいのです。

「それでも・・・」という感覚の先には、きっと大切なものが詰まっている

いらっしゃいませ、「言の葉割烹おおさき」へようこそお越しくださいました。
店主のおおさきです。

 

今日は昨日に続いて、「信頼」についてもう少し綴ってみたいと思います。

 

================


昨日は「信頼」と「期待」の違いについて綴らせて頂きました。

 

相手の出方によって「裏切られた」と思うのは、実は相手を「信頼」していたのではなく、「期待」を寄せていたのかもしれない。


そして「期待」とは「こうあるべき」「こうするはずだ」という相手に対する「要求」であり、実はそれは自分の心の奥底の「不足感」や「欠乏感」といった満ち足りていない想いからくる、ということですね。

 

最後にマリオとクリボーの小噺で、「期待」ではない「信頼」について描かせて頂きました。

 

マリオにとって、ほんとうの意味で「信頼」するとは「クリボーがいつの日にか改心して、マリオのもとに戻ってくることを信じて耐え抜く」こと、ではありません。


それは、「これだけ辛い思いをして耐えたのだから、クリボーは戻って来てくれるはず」という、ある種の「犠牲」や「我慢」をもとにした「期待」であり「コントロール」になります。

 

最終的にマリオがした「信頼」は、そういった「期待」ではありませんでした。

裏切りに見える相手の行為をも、共感し、理解し、ともに涙を流し、許し、手放すという、むしろ積極的で前向きな冒険でした。

 

傍から見ると、信じられないかもしれません。
あいつは頭がおかしい、と思われるかもしれません。


そんなことしても、報われないよ、と思われるかもしれません。

 

それでも相手に「信頼」を送ることができるのは、なぜでしょうか。

 

もしかしたら、マリオもクリボーの裏切りに見える行為に対して、怒りや諦め、悲しみや憎しみが湧きあがったこともあったかと思います。

 

「あの栗野郎、裏切りやがって!」
「メタメタに踏んづけてやる」
「無敵のスターマリオになって、蹴散らしてやろうか・・・」
「ファイヤーマリオで火あぶりの刑に処す!」

 

そんな想いを抱いたこともあったかもしれません。

 

誰でも、「信頼」していた相手から「裏切り」に見える行為をされたら、きっとそうなるでしょう。


そうしたときに、その感情を感じ尽すことも大切なのですが、どこかで

 

それでも・・・

 

という感覚や違和感があれば、それを大事にすることが「信頼」への第一歩かもしれません。

 

それでも。
それでも、何かひっかかる
それでも、クリボーを見捨てられない
それでも、クリボーと笑い合った日々が思い出される

 

人は葛藤します。

信じてもいいのか、それとも。

 

それでも。

 

「それでも」の先には、きっとたくさんの大切なものが詰まっています。

 

もしも名付けるとしたら、それは愛とでも呼ぶべきものなのでしょう。

 

もしもお客さまが「信頼」について考えることがありましたら、「それでも」という感覚を思い出して頂けると、少し楽になるのかもしれません。

 

================

 

今日もお越し頂き、ありがとうございました。


よく晴れた暑いくらいの陽気の週末になりましたね。

どうぞ、ごゆっくりお過ごしください。

f:id:kappou_oosaki:20180421072414j:plain

 

「言の葉割烹おおさき」店主の

インスタはこちら

https://instagram.com/naoto_oosaki/

Facebookはこちら

https://www.facebook.com/naoto.oosaki.5/

レターポットはこちら

https://letterpot.otogimachi.jp/users/13409