大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」に至るまでの、記録と変遷のブログ。

オープン半年記念に思う、書くことの素晴らしさと怖さ。

おかげさまで、この「言の葉割烹おおさき」もオープンして半年が経ったようです。大家さん(はてなさん)からメールを頂いて気づきました。ありがとうございました。

 

そして何より、こうして今日もお越し頂いておりますお客さまのおかげで、日々いろんな言の葉を綴ることができております。あらためて、御礼申しあげます。いつもありがとうございます。

 

書くことは、自分の内面と向き合うこと。

どんな言の葉であれ、自分の中にない言の葉は綴れません。

 

最近つとに、ここで言の葉を綴らせていただく際に感じることです。

 

それを周りと比べたり、背伸びしようとしたり、あるいは自分の中にある言の葉の価値を卑下したりすると、とたんに書けなくなります。自分の中にある感性や気づきに引き出される言の葉。それをどこまでちゃんと信じてあげられるか。

 

それだけに、書くことは素晴らしい。

それだけに、書くことは怖い。

 

自分の内面をこうして晒して、何か言われたり、批判されたり、あるいは無反応だったりすることは、怖い。そして何より、批判されたり無反応だったりすることと、同じくらいに好かれることが、怖いんだろうな、と思うのです。

 

ときにシェアして頂いたりしてご来店頂くお客さまが増えると、とたんに翌日書くことが怖くなったり、カッコつけようとしたり、悶々としたりするわけです。ええ、お恥ずかしいことに。

 

このあたり夢や希望が叶いますように、と思っていても、実はそれが叶ってしまうことを自らの心の奥底では一番恐れているという、矛盾した人の心の動きそのままですね。

 

もっともっと、自分の内面に正直に書いていくこと。

全ては自分の外側ではなくて内側にすでに揃っていて、それをいかに信じてあげられるかどうか。

 

これから1周年に向けて、そんなことを心に留めながら、また日々言の葉を綴っていきたいと思います。

 

今日もお越し頂き、ありがとうございました。

どうぞ、ごゆっくりお過ごしください。

 

 

言の葉割烹おおさきの店主の、

インスタはこちら

https://instagram.com/naoto_oosaki/

Facebookはこちら

https://www.facebook.com/naoto.oosaki.5/

レターポットはこちら

https://letterpot.otogimachi.jp/users/13409