大嵜 直人のブログ

人との別離で傷ついたココロは、人との出会いで癒される。私の辿ったそんな体験を、言葉にしてみたいのです。

手紙や葉書というコミュニケーションツールを選ぶことの恩恵

世の中にあるコミュニケーションツールの中で、手紙や葉書を選ぶことの恩恵を考えてみました。


一つめは、手を使って文字を書くと頭がスッキリすること

 

二つめは、宛先も手書きすると相手の顔を思い浮かべられてつながりを感じられること

 

三つめは、相手先の心に残りやすいこと


他のツールに比べて非効率なように見えて、実は現代においてはとても貴重なコミュニケーションツールのように思うのです。


=================

 

メールやSNSといったたくさんある便利なコミュニケーションツールの中で、時間もコストもかかる手紙や葉書をあえて選ぶ恩恵はたくさんあると思うのです。

 

それが冒頭に申し上げた三つです。

 


一つめの手を使って書くことの恩恵。

私たちは頭で思考しているように見えて、実は手で思考しているといわれることがあります。

 

頭だけで考えてモヤモヤしているときに、自分の感じていることをノートに書き出してみるとたいしたことでもないと分かったり、溜まってしまった感情を紙に書き殴ることでスッキリすることは、実際にあります。

 

パソコンやスマホに触れる時間が多くなり、手で文字を書くことが少なくなったからこそ、「自分の手で書く」という時間を持つのは、とてもいい習慣のように思います。

 


そして、二つめの恩恵。

送り先の名前と住所を手書きすると、その相手の顔が思い浮かんでほっこりします。


ストレングスファインダー資質で「運命思考」第1位で、つながりを感じることに幸せを感じる私にとって、何より大きな恩恵です。名前というのは不思議なもので、送り先の名前を丁寧に(字の上手い下手ではなく)書こうとすると、それだけで手紙にほっこりしたエネルギーが乗るように思うのです。

 

そんな時間を取れることも、手紙や葉書の恩恵です。

 


最後に、三つめの恩恵。

郵便箱に入ってる宅配ピザのチラシやDM、電気・ガスやクレジットカードの請求書の中に、手書きの葉書が入っていると、とっても嬉しかった、という経験はありませんでしょうか。

ほとんどの郵便物の宛名も内容も印刷されているからこそ、1枚の手書きの葉書が心に残ります。

 

こんなところに行ってきましたー!でも、
元気にしてるかな?でも、
寒いから風邪ひかないようにね!でも、
この前はありがとう、楽しかったよ!でも、

 

どんな小さなことでも、もらった人の心に残ります。そんな感動を与えられる手紙や葉書は、体温のあるコミュニケーションツールだと思うのです。


と、手紙や葉書の恩恵について述べてみましたが、やはり手書きで書くのはエネルギーが要りますし、なかなか時間がかかります。

 

一度に大量に送ろうとせず、気が向いたときに思い浮かんだ相手に書くくらいのスタンスがいいように思うのです。


だらかという訳ではないのですが、今年は年賀状を書かないまま今日まで来てしまいました。特段に忙しかったわけでもなく、もっと忙しかった年でも準備していたのですが、今年は何だか気乗りしないまま来てしまいました。

 

以前は必ず出さないといけない!来た人には返さないと失礼!と嫌われる怖れ満載でしたが、まあ出しても出さなくてもいっかー、とゆるく考えていたら、結局出さずじまいになりそうです。

 

書きたいときに、書きたい人に、書きたいことを書くのが、きっと一番伝わる。
それでいいような気がします。


お客さまは手紙や葉書を書くことはありますでしょうか。


たまにはこの素敵なコミュニケーションツールを選んでみると、日常がまた豊かになるのかもしれません。

 

年末らしく寒い日が続きますが、どうぞごゆっくりお過ごしください。

f:id:kappou_oosaki:20171227165247j:plain