大嵜 直人のブログ

人との別離で傷ついたココロは、人との出会いで癒される。私の辿ったそんな体験を、言葉にしてみたいのです。

爽やかなる、復活の勝利 / 1996年秋華賞 雑感

挫折や失敗、蹉跌といった谷底から這い上がってきた人は、感動を与えます。

 

それは太古の昔、獲物を狩りに危険な土地に出かけた者が無事に帰還したときの、それを待っていた者たちの喜びと安堵という、人類の原初の記憶が呼び覚まされるからだと私は思うのです。

 

・・・ええ、全く根拠も何もありませんが。。。

 

今日は日曜日ですので、そんな復活、帰還の言の葉を。

 

_______________

1996年、第一回秋華賞

エリザベス女王杯古馬への解放にともない、同年新設された4歳牝馬三冠の最終戦

 

フランス生まれの天才少女は、春の蹉跌からの捲土重来を期した。

 

ファビラスラフィン。

その春、新馬戦から負けなしの3連勝で挑んだG1・NHKマイルカップで14着と大敗。見えない疲れか、若さが出たのか、血の限界か、それとも。確たる敗戦の理由は分からない中で、傷ついた翼を再び羽ばたかせる力を磨いた。

 

端正な容姿で人気を集めた男は、春の事故から復帰してきた。

 

松永幹夫騎手。

同年3月、調教中の落馬事故に遭い、左腎臓の半分を摘出する大手術を受ける。半年近くのリハビリを経てようやく復帰後、初めてのG1レースがこの秋華賞だった。

 

 

蹉跌と事故からの復活を期す人馬に、ファンは5番人気というどちらともつかない評価を与える。

 

だが、第一回となる秋華賞のゴールを先頭で駆け抜け、左手を挙げたのは、ファビラスラフィンと松永幹夫騎手だった。

 

おめでとう。

そして、おつかれさま。

ここまで長かったよね。

 

爽やかなる、復活の勝利。

 

こんな勝利が見られるから、競馬がやめられない。

 

第22回、秋華賞

西の都の舞踏会。

 

f:id:kappou_oosaki:20171208112821j:plain

2017.10.15

_______________

 

ファビラスラフィンと松永騎手、鮮やかな勝利でした。

 

次走に3歳牝馬ながらジャパンカップに果敢に挑戦、勝ったシングスピールと火の出るような直線の叩き合いを演じて2着入線、その潜在能力の高さを証明しました。

負かした馬の中には、凱旋門賞馬・エリシオ、日本馬総大将・バブルガムフェロー、先輩女傑・ダンスパートナーなどのメンバーが含まれていました。

 

個人的には、この秋華賞は私が中学生のときに新設されたG1で、新しいG1ができるとワクワクしたのを覚えています。

気付けばその秋華賞も今年で22回目。どうりで私も年を重ねるわけです。

 

振り返れば、時が過ぎるのは本当に早いものです。

そんな回顧もしながら、どうぞごゆっくりお過ごしください。