【言の葉割烹おおさき】で会いましょう

ようこそお越しくださいました。当店はココロが喜ぶ言の葉を取り揃えております。

葛藤こそ喜びの本体なのかもしれないわね

そりゃ生きていれば、葛藤や悩みは尽きないわよね。

小さなものから、解決しそうにもないものまで。

でも、その葛藤こそ喜びって思えたら、少し気楽にそれらとお付き合いできるのかもしれないわね。

 

今日はそんな言の葉はいかがかしら。

 

_______________

風は強いが、久しぶりに晴れた。

 

台風が過ぎると、空気が澄んで気持ちがいい。いつもの道の鉄塔も、美しいトリコロール。

 

雨天が長ければ、晴天の美しさが際立つ。

 

葛藤と抵抗が大きいほど、カタルシスもまた大きい。

 

f:id:kappou_oosaki:20171206184708j:plain

2017.10.23

_______________

 

今年の10月はすーっごく雨が多かった気がするわね。気のせいじゃなくて、ためしに手帳を見返してみたら毎週末に雨模様だったわ。その上、月末には季節外れの台風まで来ちゃって、ほんとに気持ちいい秋晴れの日が少なかったわ。

 

でもね、そんなときは思うわけよ。

長雨が過ぎ去った後の晴天の美しさは、何ものにも替え難いって。

 

葛藤や悩みが大きいほど、それが解決したときのカタルシスが大きいのと同じなのかもね。だとすると葛藤や悩みって、喜びのベースとなる本体なのかもしれないって考えも、あながち悪くないと思うワケよ。

 

陰陽、天地、日月、男女、夢うつつ、ハレとケ。

 

実体だと思っている方の反対が、実は本体なのかもしれないわね。

ベースとなっている本体は、陰の方。

 

・・・え?そんなドMな考え方イヤ?

まあまあ、そんな捉え方も出来るって捉えられると、少し楽になるんじゃないかなー。

 

世のバランスとして、片方だけで存在するってことはないわ。

長い葛藤や深い悩みも、その長さや深さの分だけ光の部分が色濃くなる。

 

そんな感じ方で、ときに葛藤や悩みも楽しめるようになったら、いいわよね。

ほら、夢や願望は悲壮感を嫌うって言うしさ。

そうそう、軽ーく、軽ーく。紙風船みたいに、ね。

 

 

それにしても、今日も寒波がすごいわね。

今日は二十四節気のうちの「大雪」。本格的な冬の訪れね。

寒いのはニガテだけど、寒い冬が長いほど春の訪れに心躍るのよね。

北海道に住んでる方の春の喜びは、きっと大きいと思うもの。

 

それじゃ、どうぞごゆっくりー!