【言の葉割烹おおさき】へようこそ

人との別離で傷ついたココロは、人との出会いで癒される。私の辿ったそんな体験を、言葉にしてみたいのです。

誇り高く咲ける場所 / 1994年マイルチャンピオンシップ 雑感

誰しもが、誇り高く咲ける場所があります。

そうでなかったときは、そこで咲いている人の場所だと割り切ることも大切なようです。

 

 

昨日に続いてお馬さんの言の葉です。

 

_______________

1994年、マイルチャンピオンシップ

 

当時の短距離界の両雄、ノースフライトサクラバクシンオーの3度目にして最後の対決。

 

同年6月の安田記念1600mはノースフライトに軍配。

同10月のスワンステークス1400mはサクラバクシンオーが日本レコードの快走で雪辱。

 

スワンステークスでの充実ぶりを見る限り、バクシンオーのマイルでの戴冠とも匂わせたが、「マイルのフーちゃん」は引退戦を定義づけられた一戦で見事に有終の美を飾る。

 

この距離では、譲れない。

 

そんなフーちゃんの声が聞こえそうな1分33秒ジャスト、コースレコードでの完全なるフライト。

 

1600m5戦5勝、生粋のマイラーノースフライト。その一方で、彼女は1600m~1700m以外の距離では未勝利。

 

1400m以下12戦11勝、超一流のスプリンター、サクラバクシンオー。彼もまた、その一方で1400mを超える距離では生涯勝てなかった。

 

誰しもが、それぞれに誇り高く咲ける場所がある。

 

そのスイートスポットを外れたところで思うようにいかなかったとしても、その人の輝きは何ら失われることはない。

 

 

第34回、マイルチャンピオンシップ

現地観戦は大渋滞必至の、晩秋の淀の決戦。

 

f:id:kappou_oosaki:20171202181808j:plain

 

2017.11.19

_______________

 

マイラー」とは、その名の通り1マイル=1600mの距離を得意とする競走馬のことです。一方でそれより短い距離を得意とする馬は、「スプリンター」と呼ばれます。反対に長距離を得意とするのは、「ステイヤー」です。

 

マイラーノースフライトと、

ベストスプリンターのサクラバクシンオー

 

舞台を変えての3度の対決は、どれも見ごたえがありました、

 

ノースフライトのスプリントでの敗戦。

サクラバクシンオーのマイルでの敗戦。

 

どちらも、両者の価値を貶めるものでは全くありません。

それぞれに誇り高く咲ける場所での無類の輝きは、美しいものです。

 

そんな場所が、誰にでも必ずある。

 

そう思うだけでも、肩の力が抜けるのかもしれません。

 

 

どうぞ、ごゆっくりお過ごしください。