【言の葉割烹おおさき】へようこそ

人との別離で傷ついたココロは、人との出会いで癒される。私の辿ったそんな体験を、言葉にしてみたいのです。

合掌。そして、ありがとう / 1998年毎日王冠 雑感

さて、今日はお馬さんの言の葉です。

 

いよいよ12月に入りましたが、師走の風物詩・中京競馬場の開催が今日から始まっていますね。

 

名古屋駅でも各所でプロモーションが行われており、開催を盛り上げています。名鉄百貨店前の名物、ナナちゃん人形はジョッキーの勝負服に着替えていたり、名鉄の改札口周りの柱には開催を告知する広告が並んでいます。

 

そして、その名鉄の中央改札を出て地下鉄東山線に向かう通路に、等身大の競走馬のオブジェが飾っています。

 

f:id:kappou_oosaki:20171201075311j:plain

 

その名馬のモチーフは、サイレンススズカ

美しい栗毛をした快速馬でした。

 

1998年6月、この地で開催された金鯱賞というレースで、当時のレコードタイムで駆け抜け大差勝ち(2着に10馬身以上の差をつけての勝利)をおさめたことで、中京競馬場にはゆかりのある名馬です。トップレベルの競走馬が出走する重賞レースでの「大差勝ち」は珍しく、過去にいくつの例もありません。

 

今日はそんな名馬に寄せた言の葉を。

 

_______________

1998年、毎日王冠

 

エルコンドルパサー

グラスワンダー

そして、サイレンススズカ

 

ともに無敗でG1を制し無限大の才能を見せる若き4歳2頭と、5歳に入りあふれんばかりの才能を覚醒させた5連勝中の韋駄天。

 

この三つ巴のレースを観戦しようと、東京競馬場にはG2レースとしては異例ともいえる13万人の人が詰めかけていた。

 

レースはサイレンススズカが逃げ、前半1000mを57.7秒のハイラップを刻む。第3コーナーからグラスワンダーが徐々に進出、一呼吸置いてからエルコンドルパサーもサイレンスを捕まえに行く。しかし直線に入ってもサイレンスの脚色は全く衰えず、2着のエルコンドルに2馬身半差をつける完勝。史上最高のG2とも称される、名勝負だった。

 

 

逃げ馬には、2種類いる。

遅さを競う逃げ馬と、速さを競う逃げ馬。

 

前者はゲートの出の上手さやスタート直後のダッシュ力を活かして先頭に立ち、その後ペースを落として後続馬の速さを相対的に封殺する。

 

一方、後者はスピードの絶対値で先頭に立つ。逃げているのは、あくまで自分のペースで走った結果である。

 

サイレンススズカは、間違いなく速さを競う逃げ馬だった。

 

あり余る才能を持て余した雌伏の期間を経て、彼と武豊騎手がたどり着いたのは、スタートから自らの全速力で走る、大逃げのスタイルだった。

 

とことんまで逃げた。

5歳になってからの走行距離11.4キロ、先頭は誰にも譲らなかった。

敵なんかどこにも見当たらない。

その可能性はどこまでも広がっていた。

 

この毎日王冠で6連勝を飾るゴールだったが、まさかこれが最後のゴールになるとは・・・そのとき想像だにしなかった。

 

この季節になると、いつもあの美しい栗毛の快速馬を思い出す。

 

合掌。

そして、ありがとう。

 

第68回、毎日王冠

天才少女の天皇盾への挑戦。

 

f:id:kappou_oosaki:20171201075255j:plain

 2017.10.8

_______________

 

 

4歳時の弥生賞でゲートをくぐるヤンチャな幼さを見せていたときから、5歳を迎えての覚醒。

 

1998年の当時、18歳だった私にとって、サイレンススズカの美しも速く、そしてたくましい大逃げの走りは、憧れでした。

 

 

友人からプロモーションの情報を頂き、私も名古屋駅に逢いに行ってきました。

 

f:id:kappou_oosaki:20171201105948j:plain

 

私の青春を彩った優駿でした。

彼にまた会えて、嬉しかったです。

 

いつか私もあちらの世界へ旅立ったら、彼に伝えたいと思います。

 

ありがとう、と。

 

 

今日も、ごゆっくりお過ごしください。