【言の葉割烹おおさき】へようこそ

人との別離で傷ついたココロは、人との出会いで癒される。私の辿ったそんな体験を、言葉にしてみたいのです。

好きなものに囲まれて暮らすために、種を植えよう

自分の好きなものに囲まれて暮らすためには、まず種を植えることだと思う。

日々ここで言の葉を書くこともその一つ。

一つ記事を書くと、自分の庭に好きなものが一つ増える。

楽しい記事、嬉しい記事もそうだし、そうでない記事も自分の庭に彩りを与えてくれる。

 

 

たった一度きりの人生、好きなものに囲まれて暮らしたい。

そう思ってはいても周りに少なからず影響され、やらんでもいいことをしたり、無理したり我慢したり、いらんものを持って帰ってしまったりする。だいぶ以前に比べて少なくはなったけれど、それでも周囲の人の行動を見て感情は動く。

 

それに一喜一憂して時間を浪費するよりも、自分だけの庭の手入れをしようと思う。

 

誰にも踏み荒らされない、自分だけの庭。

どんな花を育ててもいいし、菜園にしてもいい。

 

そこに自分の好きなものの種を一粒ずつ植えていけばいい。

 

今すぐには何も変わらないかもしれない。

けれど続けていけば、きっとその庭に植えた夢の種が芽を出し、いつか好きな花でいっぱいの庭になる。

 

心の中に絶対安全な領域を持つことが、豊かさと安定をもたらしてくれる。

きっとその庭は、誰にも踏み荒らされない絶対安全な領域になるはず。

 

そして、その領域は隠すのではなく、晒してこそ豊かになる。

春の陽気を浴び、真夏の陽射しに耐え、実りの秋を経て、冬の北風に晒された庭は、彩り豊かになっているはずだ。

 

そう考えると、ブログというのはものすごく恩恵を与えてくれるツールだが、ブログでなくても、日記でも、写真でも、詩歌でも、絵でも同じことだと思う。

 

 

種を、植えよう。

 

今日は大好きな大吟醸の種をここに植えてみよう。

 

f:id:kappou_oosaki:20171113190157j:plain