【割烹おおさき】へようこそ

ようこそお越しくださいました。当店の言の葉で、どうぞごゆっくりお楽しみください。

未来への手紙

今晩は11月並みの寒気だそうです。半袖では寒いくらいですね。

ほんの少し前まで、残暑が厳しかったような気がするのですが、季節の巡りは早いものです。

 

こうして寒暖の差が大きくなると、秋の紅葉も綺麗に色づくのでしょうか。

 

・・・そうですか、お住まいのお近くにそんな紅葉の名所があるのはいいですね。

 

さて今日の言の葉の舞台も、秋の紅葉が綺麗な場所です。

 

_______________

愛知県犬山市にある、博物館明治村

 

明治期の歴史的に貴重な建築物がたくさんあり、SLや市電に乗れたりと1日飽きないのですが、村内の郵便局にとっても素敵なサービスがあります。

 

ハートフルレター

手紙を預り、10年後に指定の宛先に投函してくれるというもの。

 

先日子どもを連れて二十数年ぶりに行った際に、私も投函してみました。

 

10年度、私はどこで何をして、何を思っているのでしょう。

 

明日のことさえ考えても分からないのに、10年後の未来なんて鬼が笑い転げるかもしれないですが、今日という日の積み重ねがその日を形作っていく。

それだけは確かなような気がします。

 

だとするなら、

今日をどう過ごそうか。

 

やっぱり、好きなことを重ねていくのが一番かな。

まずは自分の心に何が好きなのか、問いかけて、正直になることから・・・

 

f:id:kappou_oosaki:20170928213538j:plain

 

2017.3.29

_______________

博物館明治村のサイトはこちらです。

 

www.meijimura.com

 

名鉄犬山駅からバスで20分ほど。もしくは名古屋駅名鉄バスセンターから出ている直行便の方がアクセスがいいかもしれません。

 

犬山という街は、この明治村に限らず古い街並みが残っています。先の戦争の戦禍を免れた国宝・犬山城とその城下町、同じく国宝の茶室・有楽苑などなど・・・桜や紅葉の時期には多くの観光客でにぎわいます。また明治村の他にも、野外民族博物館リトルワールド、犬山モンキーパークなど、老若男女を楽しませてくれる施設も多いです。

 

さて、その博物館明治村

明治期の貴重な建物や展示がたくさんあり、子どもはSLや市電などの乗りものや射的などを楽しんだりできますし、大人はその雰囲気や明治期の貸衣装を楽しむことができます。有名なところでは、近代建築の巨匠・フランク・ロイド・ライト氏が設計した帝国ホテル中央玄関などは、写真でもお見受けしたことがあるのではないでしょうか。

 

 

その中でもひときわ素敵なサービス、ハートフルレター

自分宛てにも出すことができますし、投函前であれば宛先を変更することもできます。「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」にあったような、過去からの手紙を実際にできる素敵なサービスです。

 

私が依頼した際の控えの番号は252923でした。

恐らく25万通ものタイムカプセルが、これまで預けられ、投函されてきたのでしょう。いろんな想いを乗せた手紙が預けられ、そして10年という時に熟成し、投函され、届けられる。そんな25万通の未来へのギフトを想像するだけで、ワクワクします。

 

 

けれど考えてみると、私たちの一日一日が未来の自分へのハートフルレターなのかもしれません。10年後という日は遠く彼方の向こう岸のように思えますが、3650日の歩みの先に、それは必ずあるのです。

 

嬉しかったこ

悲しかったこ

腹が立ったこ

楽しかったこ

頑張ったこ

 

どれも未来への自分への大切なハートフルレターです。

今日という日を味わい尽くすことが、その未来を大切にすることなのかもしれません。

 

 

さて、お客さまは未来の自分に、今日はどんなハートフルレターを綴られますでしょうか。そんなことに想いを馳せ、グラスを傾けるのも秋の一興です。

 

どうぞ、ごゆっくりお過ごしください。