【割烹おおさき】へようこそ

ようこそお越しくださいました。当店の言の葉で、どうぞごゆっくりお楽しみください。

放てば満てり/ヴィクトリアマイル雑感

9月に入り札幌、新潟、小倉の開催も終わりを告げると、トライアルレースが始まり、いよいよハイシーズン突入ですね。

 

・・・あ、すいません、お馬さんのお話です。あまり興味ありませんか。それは残念です。

 

今日は週末で静かですので、すこしお付き合いいただけますか?

 

・・・ありがとうございます、それでは遠慮なく。

 

お馬さん好きは、一年の歳時記をレースとともに感じるものです。

 

一年は金杯に始まり、厳冬の中に若駒の可能性を感じ、桜の開花とともに春のクラシックの開幕を喜ぶ。

 

そしてダービーの興奮と祭りのあとの寂しさに浸りながら、翌週から来年のダービー馬を探すというミッションが始まるのです。

 

夏には函館、札幌、小倉、福島、新潟の空の青さを恋い焦がれながら、少しずつ近づく秋の足音を愛でます。

 

中山の6ハロン電撃戦を皮切りに秋のハイシーズンが始まり、クラシックでは春の実績馬と夏の上り馬が激突し、伝統の天皇賞から歴戦の古馬が激突します。

 

そして有馬記念東京大賞典の馬柱を見ながら、今年一年を労うのがお馬さん好きなのです。

 

前置きが長くなりました。

 

今日はそんなお馬さんに類した言の葉をどうぞ。

 

_______________

2006年9月、開催予定だったその演歌歌手の600人のディナーショーの代金を、イベント会社が持ち逃げした。ディナーショーは直前になって中止。被害額は2000万円とも伝えられた。

 

歌手側にチケット購入客のリストはなかった。その歌手と事務所もまた被害者であったが、一番の被害者である購入客のために、と執念で購入客の連絡先を調べ上げ、600人の中の400人以上を半年後の2007年5月9日に代替のディナーショーに招待する。チケット代を含む諸費用は、歌手と事務所のポケットマネー。

 

こうして伝えられる逸話が、どこまで真実なのか、外側にいる私たちには分からない。ただ、事実として残っていることが一つある。

 

2007年5月13日、ヴィクトリアマイル

12番人気の低評価を覆し、先頭を駆け抜けたのは、コイウタ

優勝賞金、9000万円。

かの馬の共同馬主のうちのお一方の名は、

 

その演歌歌手前川清さん。

 

放てば満てり

因果応報

おてんとさまはお見通し

禍福は糾える縄の如し

天網恢恢疎にして漏らさず

Heaven helps those who help themselves.

 

そうかもしれないし、そうでないかもしれない。私たちにできるのは、過去の点と点をつなぐことだけ。どうせなら、楽しく意味づけしてつなげた方がいい。

 

第12回、ヴィクトリアマイル

春のマイル女王戴冠式

 

f:id:kappou_oosaki:20170903062019j:plain

2017.5.14

_______________

 

私にとってのお馬さんにしても、お客さまの愛しておられることにしても、結局はその中に、自分にとって何か大切なもの、惹かれるものがあるのでしょう。

 

そしてその大切なもの、惹かれるものとは、結局は自分の中にあるもの、観念や考えが投影されているに過ぎないのかもしれません。

 

お客さまの愛しておられるものは何でしょうか。

そして、その魅力は何でしょうか。

 

それはとりもなおさず、お客さま自身の魅力なのかもしれません。

 

どうぞ、ごゆっくりしていかれてください。

 

よい週末を。