【割烹おおさき】へようこそ

ようこそお越しくださいました。当店の言の葉で、どうぞごゆっくりお楽しみください。

夏の終わりに

少しずつ鈴虫の声が聴こえてくるようになりました。

 

海のもの、山のもの。秋にはたくさんの食材がそろいますが、それらの食材の「はしり」が出始める、ワクワクする季節です。

一方で、生命力にあふれた夏が終わりを告げる感傷的な季節でもあります。

 

今日は少しそんな言の葉をご用意いたしました。

 

折角ですので、もしよろしければそちらの窓を開けて、鈴虫の音色とあわせてお楽しみくださいませ。

 

_______________

夏の終わりに

 

お盆が過ぎ去り

甲子園に残る高校も数えるほどになり

ツクツクボウシとヒグラシが

その哀しげな声を響かせ

みの宿題というマモノが

少年たちの脳裏に見え隠れしながら

 

日中のアスファルトの陽炎よりも

朝晩に吹く一陣の風に

秋を感じ始める

 

この季節が好きだ。

 

永遠に続くと思われた暑さと

蝉の喧騒は

少しずつ力を失い

夕闇と涼やかな音色の虫の歌に

取って替わられる。

 

ものごとには

はじまりとおわりがある

螺旋であることを実感する

センチメントの季節

 

ぎらつく陽射しに焼けた少年は

その太陽の熱気と陽炎よりも

自らの羽根を傷つけ地に落ちた

蝉を見る季節に

成長の証を見る。

 

この季節が好きだ。

今年も戻ってきてくれた

この季節を味わおう。

 

f:id:kappou_oosaki:20170829221023j:plain

 

2017.8.22

_______________

 

お好きな季節は、ございますか。

・・・左様ですか、それはいい季節ですよね。

 

好きな季節がある、というのはありがたいものです。

毎年、毎月、毎日、移りゆく先に、必ずその好きな季節が巡ってきますから。

 

この夏の終わりの一日に、どうぞごゆっくりされていってください。