【割烹おおさき】へようこそ

ようこそお越しくださいました。当店の言の葉で、どうぞごゆっくりお楽しみください。

季節のめぐりと英雄の旅

昨日は満月でしたね。

 

9月の満月ということで中秋の名月かと思ったら、今年は10月4日のようですね。曇り空でしたが、雲の切れ目から綺麗な月でした。

 

そして今日は二十四節気の「白露」です。昔の人は、草木に降りた霜が白濁したように見えることを、夏から秋への移り変わりの目印にしていたそうです。

 

今日はそんな季節の移り変わりの言の葉を。

 

_______________

小さかった新芽も、少しずつ大きくなってきた。みずみずしい生命力の季節。

 

明日は小満

日毎に上昇する気温に、あらゆる生命が天地に満ち始める頃の節季。

 

昔の人の季節の知恵というのは、素晴らしい。日々移ろう季節はたくさんのことを教えてくれる。

 

新しい命が芽吹き、燃え盛り、成熟を経て、そして死に至る。死はまた新たな命の芽吹きへと。一つの終わりは始まりであり、一つの始まりはまた終わりへと、螺旋階段のように回り続ける。

 

なんでもない毎日は、実はジョーゼフ・キャンベルの言う「英雄の旅」のサイクルに満ち溢れている。

 

抗うことなく、そのサイクルに身を任せよう。

 

 

f:id:kappou_oosaki:20170906213059j:plain

2017.5.20

_______________

 

ジョーゼフ・キャンベルはアメリカの比較神話学者です。

 

世界各地の神話や伝承には共通する物語の原型があり、それを「英雄の旅(Heroes and the Monomyth)」と呼びました。現代でも、ジョージ・ルーカスが「スターウォーズ」のストーリーの参考にしたと伝えられており、そのほかにも多くの映画や物語に採り入れられています。

 

その「英雄の旅」とは、

平穏に暮らしていたある日、平凡(だと思っていた)な彼(=英雄)は天命に気付き、冒険の旅に出る。そこでさまざまな試練を経るとともに、かけがえのない仲間や師に会い、そしてついに最大の困難を克服する。そこで宝物を手に入れ、故郷に帰還して王国を築く。やがて、また新たな天命に気付き、また旅に出る・・・

 

という物語の典型だそうです。映画や小説などの物語、そして「ドラゴンクエスト」のようなゲームにも、この「英雄の旅」との類似点を見つけることができそうですね。

 

季節のめぐり、人と人との関係も、また自らの内面も、多くがこの「英雄の旅」が指し示す成長モデルを辿るように思われます。

 

何かうまくいかないと感じるとき、目一杯大変で呼吸が浅くなるとき、自棄になってしまいそうなとき、はたまた握り締めたその手に成長を感じるとき。いろんな関係性や自らの内面が、はたして「英雄の旅」のストーリーのどのパートにいるのか、一歩引いて考えてみるのは意味のあることかもしれません。

 

また、それは満月を眺めるように、あるいは新芽が芽吹くのを見つけたり、草木に降りた霜が白濁しているのを見つけるように、日々の細部を見つめることと似ているのかもしれません。

 

お客さま自身の「英雄の旅」は、今どの章におられるのでしょうか。

 

どうぞ、ごゆっくりしていかれてください。

できること、できないこと

空が高くなってきました。

空気も澄んで、お出かけにはいい気候になってきましたね。

 

・・・左様でございますか、週末はドライブに。

天気もよさそうですし、少し遠出もよろしいかと。

 

・・・私ですか?

運転は苦手なものの一つです。のんびりとドライブは好きなのですが。

 

今日はそんな得手・不得手にまつわる言の葉を。

 

_______________

私は文書を書くのが、好きだ。

投稿する文章を書くのは、苦ではない。大変なのはネタ探しの方。

 

ところがこれが車の運転となると、話は別だ。駐車はきちんとまっすぐ停めれずに何回も切り返すし、高速は左車線を80キロで走るものだと思っている。

 

以前に上司と車で出張で遠出したことがあったが、お前の運転だた1.5倍時間がかかる!と運転させてもらえなかった。私はこれ幸いと助手席でぐがぐが眠りこけてしまったが。

 

でも、120キロ超でオービスを警戒しながら、追い越すセダンにヘルメットを被った二人組が乗っていないか確認しながら走るなんて芸当、私がしたら天国へのドライブになってしまう。マイペースのドライブは好きなんだけれど。

 

以前はそれができないのが嫌だし、男性なのにという固定観念から恥ずかしくて、コンプレックスだったけど、今はこうして笑って話したりできる。今は何を言われても、80キロくらいだったら何とか運転できますけど、急ぐならお願いしたいです、と言える。

 

できることにフォーカスして、もっとうまくできるようになるためには、と考える方が楽しい。それに、もっと周りに優しくなれる。

 

私のできることは何だろう。

あなたのできることは何だろう。

f:id:kappou_oosaki:20170905214303j:plain

2017.6.28

_______________

 

私は18歳で免許を取得してから、30過ぎまでペーパードライバーでした。仕事で運転が必要になって、自動車学校のペーパードライバー講習を受けて、今は何とかかんとか運転できるまでにはなりました。

 

けれど、やはりずっと運転されている方よりは下手ですし、ノロい運転にはなります。運転の上手さは、絶対に空間把握能力に左右されると思っているのですが、私にはあまりその能力があまり備わっていないようなのですね。

 

以前は男性なのに・・・と変なプライドが邪魔して、すごく嫌でコンプレックスだったのですが、ある時から気にならなくなりました。

 

考えても仕方ないのですよね。

 

運転がうまい人。喋ることが上手な人。力持ちな人。数字に強い人。話を聴くことがうまい人。絵がうまい人。足の速い人・・・みんなそれぞれの長所と個性です。全てをできるようにしないといけない完璧主義より、できることは何かを考えて伸ばしていく方が楽です。

 

お客さまにとってのできることは何でしょう。

意外と「できる」と認識していないものほど、周りから見れば「できてる!すんごい!」ことなのかもしれません。

 

どうぞ、ごゆっくりしていかれてください。

「医龍」と信じること

ずいぶん熱心に読まれてますね。

何の本でしょうか。

 

・・・左様でございますか、面白そうなタイトルですね。

 

・・・あ、そうですか、あのテレビドラマの原作になった漫画なのですね。

 

漫画はいいですね。私も大好きです。

 

今は気になった作品を単行本で読むくらいですが、

以前は週刊誌を何誌も同時進行で読んでおりました。

あれはあれで記憶力が鍛えられていたような気がしますが・・・

 

今日は私の好きな漫画にまつわる言の葉はいかがでしょうか。

 

______________

漫画が好きだ。

 

学生時代から溜め込んだ漫画と文庫本は本棚などには収まるはずもなく、とりあえず詰め込んだ段ボールを平積みにして、床が抜けるのではないかという、いらぬ心配をしていたものだった。

 

転居を機に、読みたくなったら漫画喫茶に行けばいいと半ば無理やり言い聞かせて、本棚に収まるもの以外は処分してしまったが、「医龍」は数少ない残した漫画のうちの一つだった。

 

ストーリーも絵柄も好きだったが、キャラクターひとりひとりに光と影があり、それが魅力的で単行本の発刊を心待ちにしていた記憶がある。

 

「思い出せよ。成長したから信じたんじゃない。

 成長することを、信じたんだ。」

 

助教授・加藤が教授選挙の命運を賭けたチームバチスタのメンバーに研修医・伊集院を引き入れるかどうか、逡巡した際に朝田が言った台詞が好きだ。

 

私はずっと自分が成長したから、あるいは理想とする姿になったから、自信がつくものだと思っていたけれど、そうとも言えないみたいだ。

 

変わろうとすることを、成長しようとしている自分を、信じてあげる。

 

自分では変わっていないと思い込んでいても、その根底にあるベクトルの転換は大きな大きな変化なのだと思う。たとえ今どの座標軸にいたとしても、もうそれ以上y軸を掘ることはない。

 

そのベクトルの先の矢印が向く方向を変えたら、あとは日にち薬。もうその先。どんどんよくなるしかないようね。

 

f:id:kappou_oosaki:20170904215222j:plain

 

_______________

 

この「医龍」もテレビドラマになって、何シリーズか放映されてましたね。なかなかテレビドラマの方は見られておりませんが、漫画の方はいろんな含蓄深い言葉があふれてます。

 

登場人物がそれぞれ悩み、嘆き、闇を抱える中で紡ぎだすドラマは読みごたえがあります。それは天才外科医の主人公・朝田しかり、不倶戴天の敵役と思われた野口や霧島しかり。霧島が自らの抱える闇と向き合った際に、朝田への慕情と好意に気付くシーンなどは何回読んでも落涙します。

 

何かを信じるとは、条件付きではなくて、そのままの状態を信じること。それはとりもなおさず、信じるのはその対象ではなく、自分自身なのかもしれません。読んでいて、そんなことを考えさせられます。

 

ぜひまだご覧になっておられませんでしたら、秋の夜長にいかがでしょうか。

ツツジの花は

少しずつ路地に見かける草花も秋の装いになってきました。

 

・・・あぁ、左様でございますか。

私は今日、道すがらススキが顔を出しているのを見かけました。

 

草花に目をこらすことはいいですね。

季節の移ろいの他にも、いろんなことを教えてくれます。

 

今日はそんな草花の中から、ツツジについての言の葉です。

 

_______________

自ら散って美しい吹雪となり季節を彩る桜の花などと違い、ツツジは自分その花を散らすことができない。

 

それは植物学的、生物学的な違いなのか、花を咲かせるまでに使うエネルギーの違いなのか、わからないけれど、ツツジは自分で自らの花を落とせない。

 

人づてにその話を聞いてから、懸命に咲いた後の力尽きたツツジの花も美しいと思うようになった。

 

自分で花を落とせないのも、ツツジツツジであるから。

 

桜にならなくても、椿にならなくても、

あなたはあなたで美しい。

 

f:id:kappou_oosaki:20170903231337j:plain

 

2017.5.15

_______________

 

私も往々にしてやってしまうのですが、とかく我々は周りと比較して、自分に足りないものを探して、それを身に着けたり、直したりしないといけないと思ってしまいがちです。周りの中に見出す長所や素晴らしいところは、全て自分の内面に備わっているにもかかわらず、です。

 

けれど、草花はそれも自分以外の何者かになろうとしないんですよね。桜にも椿にもヒマワリにもなろうとせず、ツツジツツジとして咲きます。花が落とせないことも、まぎれもなく自らであることの証であると受け容れられたら、ますますツツジらしく咲けるのでしょうね。

 

今日はお帰りの際には、路地の秋の草花をご覧になってはいかがでしょうか。

どうぞ、それまでごゆっくりおすごしください。

ヴィクトリアマイル雑感

9月に入り札幌、新潟、小倉の開催も終わりを告げると、

トライアルレースが始まり、いよいよハイシーズン突入ですね。

 

・・・あ、すいません、お馬さんのお話です。

あまり興味ありませんか。それは残念です。

 

今日は週末で静かですので、すこしお付き合いいただけますか?

・・・ありがとうございます、それでは遠慮なく。

 

お馬さん好きは、一年の歳時記をレースとともに感じるものです。

 

一年は金杯に始まり、厳冬の中に若駒の可能性を感じ、

桜の開花とともに春のクラシックの開幕を喜ぶ。

 

そしてダービーの興奮と祭りのあとの寂しさに浸りながら、

翌週から来年のダービー馬を探すというミッションが始まるのです。

 

夏には函館、札幌、小倉、福島、新潟の空の青さを

恋い焦がれながら、少しずつ近づく秋の足音を愛でます。

 

中山の6ハロン電撃戦を皮切りに秋のハイシーズンが始まり、

クラシックでは春の実績馬と夏の上り馬が激突し、

伝統の天皇賞から歴戦の古馬が激突します。

 

そして有馬記念東京大賞典の馬柱を見ながら、

今年一年を労うのがお馬さん好きなのです。

 

前置きが長くなりました。

今日はそんなお馬さんに類した言の葉をどうぞ。

 

_______________

2006年9月、開催予定だったその演歌歌手の600人のディナーショーの代金を、イベント会社が持ち逃げした。ディナーショーは直前になって中止。被害額は2000万円とも伝えられた。

 

歌手側にチケット購入客のリストはなかった。その歌手と事務所もまた被害者であったが、一番の被害者である購入客のために、と執念で購入客の連絡先を調べ上げ、600人の中の400人以上を半年後の2007年5月9日に代替のディナーショーに招待する。チケット代を含む諸費用は、歌手と事務所のポケットマネー。

 

こうして伝えられる逸話が、どこまで真実なのか、外側にいる私たちには分からない。ただ、事実として残っていることが一つある。

 

2007年5月13日、ヴィクトリアマイル

12番人気の低評価を覆し、先頭を駆け抜けたのは、コイウタ

優勝賞金、9000万円。

かの馬の共同馬主のうちのお一方の名は、

 

その演歌歌手前川清さん。

 

放てば満てり

因果応報

おてんとさまはお見通し

禍福は糾える縄の如し

天網恢恢疎にして漏らさず

Heaven helps those who help themselves.

 

そうかもしれないし、そうでないかもしれない。私たちにできるのは、過去の点と点をつなぐことだけ。どうせなら、楽しく意味づけしてつなげた方がいい。

 

第12回、ヴィクトリアマイル

春のマイル女王戴冠式

 

f:id:kappou_oosaki:20170903062019j:plain

2017.5.14

_______________

 

私にとってのお馬さんにしても、お客さまの愛しておられることにしても、結局はその中に、自分にとって何か大切なもの、惹かれるものがあるのでしょう。

 

そしてその大切なもの、惹かれるものとは、結局は自分の中にあるもの、観念や考えが投影されているに過ぎないのかもしれません。

 

お客さまの愛しておられるものは何でしょうか。

そして、その魅力は何でしょうか。

それはとりもなおさず、お客さま自身の魅力なのかもしれません。

 

どうぞ、ごゆっくりしていかれてください。

よい週末を。

怒りの底には

朝晩は多少涼しくなりましたが、まだ日中は陽射しが強いですね。

 

・・・左様ですか、暑いのは苦手ですか。

暑いときには温かいもの、辛いものがよいとは申せど、

どうしてもエアコンに当たりすぎたり、冷たいもので身体を

冷やしてしまいがちですね。

 

また残暑バテと申しますように、暑い盛りを越えた疲れが

どうしても出て来がちなのがこの時期ですよね。

 

それでは今日は冷たいものをお出しするより、

こちらの言の葉をご用意いたしましょう。

 

_______________

私がまだ20代半ばだった頃のこと。

 

朝の早い時間に、緑の制服を着たテナントの女の子が、予約で承っていた15個のケーキのうちの1個を入れ忘れてしまいました、と。

 

どんなお客さん?

 

スーツ着た3人で来られた男性のお客さん。

 

連絡先、わかるかな?

 

はい、わかります。

 

私は女性からよりも男性からの苦情の方が苦手というのもあったが、直感的にイヤな予感がした。とりあえずその連絡先の携帯に電話してみた。

 

こちらから名乗った途端、まず「オドレ」という単語が飛び出てきた。そしてこれはどのドラマか映画の台詞かな?というくらい罵倒された。最後に、今すぐにもってこい、と。

 

暴言はよくないが、非は100%こちらにある。指定の住所まですぐにお持ちします、と答えた。

 

すぐに準備してタクシーに飛び乗った。しかし不思議なことに、訪問先を告げると乗車拒否された。この時点で察しないといけないのだが、社会的な経験も知識も薄かった私は焦って次のタクシーを捕まえ、方角だけを伝えて走ってもらった。

 

悪いことが重なるときは重なるもので、男性なのに地図が苦手な私のこと、逆の方角を指定して走り出したのに気付かないでいると、携帯が鳴った。

 

今どこにおるんや

 

場所を伝えると、本日二度目の罵倒用語講座上級編。放送禁止用語も盛りだくさんの中で、「あぁ、たいへんだ」とディズニーの黄色いクマさんのように、どこか他人事のように見ている自分がいた。どうやら焦りと怖れが過ぎると、人はブレーカーを飛ばすようだ。

 

永遠とも思える時間ののちに着いた指定の場所は、とてもおっきくて、壁が高くて、防犯カメラがついているおうちだった。玄関に、黒いスーツの男性がひとり立っていた。

 

痛いのは、嫌だなぁ。

 

そんなことを思いながらタクシーを降り、じっとこちらを見る男性の方に歩いていった。惹き込まれそうな、とても深い、いい眼をされていた。

 

ニイちゃん、気ぃつけなあかんで。

ワシら面子を重んじるから、客人の菓子一つなくても大変なんや。若いもんが騒ぐのも、それやから堪忍したってな。

 

ひたすら恐縮してお詫びしてケーキをお渡ししてコトは終わった。

 

人は周りに怒りを発するとき、その裏には他人には触らせたくない痛みと怖れがある。あの罵倒講座の裏にも、きっと。

 

というようなことを書きたかったのだが、振り返ると無鉄砲極まりない。無知と若さは恐ろしい、というオチの方がおさまりがよさそうだ。

生きててよかった。

 

f:id:kappou_oosaki:20170902152002j:plain

 

2017.6.11

______________

 

おや、やはりこの言の葉だいぶ凍えますね。

怖いですね、ホラーですね、のアニメのキャラクターの台詞が頭をよぎりますね。

 

・・・そうですね、仰るように無鉄砲さは笑い話として酒の肴にして頂ければ幸いですが、痛みと怖れが「怒り」を生むのは本当にそうかな、と思います。

 

「怒り」は二次感情だと言われることがあるように、それは本当の感情を隠すために使われることがあるようです。

 

今日の言の葉のお電話口の方で言えば、

 

 客人への準備にミスをした私に怒りをぶつける

 

  その奥には、当然上司に怒られたくない、

  恥をかきたくないという怖れがあるのかもしれません。

 

   その怖れは、過去に客人のもてなしに失敗した、あるいは

   ミスを怒られた、という痛みが引き起こすのかもしれません。

 

他人が怒っているところを見ることも、自分が怒りを感じることも、あまり気分のよいものではありませんし、私も「怒り」の感情が苦手です。

 

けれど、そんな「怒りの底にあるもの」に眼を向けることができると、「怒り」に対する見方も変わるのかもしれません。

 

 

今日は一人語りが過ぎました。

長くなってしまいましたが、怒ってないですか??

 

・・・そうですか、それはよかった。

どうぞ、ごゆっくりおすごしください。

点と点

少し浮かない顔をされておられますね。

 

・・・そうですね、そんなときは美味しいものと、美味しいお酒ですね。

 

・・・いえいえ、私どもにとって、いい飲み方、わるい飲み方というものはありません。ただその時どきのお客さまにとっての飲み方があるだけです。いい・わるいは誰かが何かのために判断しているだけのことでございます。

 

それでは今日はゆっくり浸っていただけるような言の葉をご用意いたします。

 

_______________

久しぶりの晴れの週末。

息子と娘にドライブに付き合ってもらう。

 

30年近くも前によく訪れた、海水浴場。

きっとあのときもこの道を走っていたのだろう。

 

まだ冷たい春の海に素足を浸して、

波の音に耳を澄ませて、

しばし目を閉じてみる。

 

当時泊まっていた施設は

もう跡形もなく、

 

あのときどんな会話をして、

何をして遊んでいたのか、

朧げにももう思い出せないけれど、

 

ただ、愛されていた。

 

今は亡きスティーブ・ジョブズが、

かつてスタンフォード大学の卒業生に向けた

かの有名なスピーチの中で、

一番初めに語ったこと、

 

「点と点をつなぐこと」

 

は一つの真理のように思える。

 

繰り返しですが、将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎ合わせることなど、できません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。

 

おそらく、たぶん、

必要なものは全て自分の中にある。

気づいていようがいまいが、

それは誰にでも、きっと。

 

f:id:kappou_oosaki:20170831223719j:plain

2017.4.16

_______________

 

先日ご来店された際にお出しした言の葉の「故郷の夏祭り」の際に、私の生まれ育った町を少し歩く時間がありました。

 

それまでは、いつも行く際は車だったりして、ゆっくり歩くことなどなかったのですが、その際は本当に何十年ぶりかに小学生のころの通学路を歩いたのです。

大人になって歩くと、身体が覚えているよりもほんのわずかな時間で歩けてしまい、拍子抜けするほどでした。

 

あんなにも広く、どこまでもつながっていたように思えた道を歩きながら、押し入れから昔熱中した玩具を見つけたような懐かしさと気恥ずかしさ、そして戻れない何かを失ったという喪失感とを感じました。

 

それでも、それは点と点となっておそらく人生のどこかで実を結ぶのでしょう。

それはきっと、お客さまがお持ちの点と点と同じように。

 

どうぞごゆっくりしていかれてください。